風俗店が広告を活用する3つのメリットと具体的な集客テクニック
広告や集客の相談をする

    必須ご担当者名

    必須電話番号

    必須メールアドレス

    必須お問い合わせ内容

    個人情報保護方針(プライバシーポリシー)はこちら

    風俗店ではどれくらいリピートをつけるかが重要だと言われています。しかしリピートをつけるには、すでに来店したことがあるというのが条件です。リピートに限らず、顧客にアプローチをするために、現状どのような施策を行っているでしょうか。

    風俗店の経営者の中には「集客の仕方がイマイチわからない」「売上が低下して困っている」などの悩みを抱えていることが多いです。拍車をかけてしまったのが、新型コロナウイルス感染症でしょう。感染するリスクを避けるために、風俗において顧客の利用頻度は大幅に減少してしまいました。

    感染症に限らず風営法により、打てる施策が他の業界より少ないと感じることもあります。しかしこのような状況の中でも、自店が認知され、来店していただくまでの導線をきちんと戦略的に練っていれば集客は可能です。そこで本記事では風俗店が打つべき施策の中でも、費用対効果が高い「広告」について、わかりやすく解説しています。

    風俗店における広告の重要性

    風俗店が広告を利用するのは重要です。理由は以下の通り。

    • 新規顧客を開拓する
    • リピートを作る

    競合店舗が数多く存在する風俗店の中で、他店舗と差別化を図るためには、広告は必要不可欠です。

    新規顧客を開拓する

    風俗店が広告を打つ第一の目的は、新規顧客の開拓です。広告を活用することにより、検索ユーザーに認知してもらいやすくなります。反対に認知されなくては、来店される可能性は限りなく低くなります。

    風俗店は他の業界の比較して、新規顧客の開拓は特に重要です。理由は顧客と継続的な契約など存在せず、単発のサービス提供だからです。つまり高い頻度で新規顧客を得る必要があります。

    リピートを作る

    広告は新規顧客開拓にフォーカスされることが多いですが、リピートを作るということも広告によって可能です。風俗店のサービスだけで、顧客を強く印象付けることができればいいですが、人の記憶に残るサービスを提供するのは、スタッフの力量によるところが大きいです。経営者視点でできることは、広告などサービス以外の方法で、顧客に再度来店してもらうこと。

    顧客に広告を見つけてもらえれば、来店したときのサービス体験を思い出してもらえます。人の記憶に呼び起こされるということは、リピート集客に直結します。ターゲットをリピーターに絞った場合、それに向けた広告の打ち出し方もあります。例えば2回目以降の来店で割引を増額させるなど、リピーターだからこそ得られるメリットを打ち出すこともできます。どちらにせよ広告は風俗店の新規顧客開拓に限らず、リピートに対しても有効です。

    風俗店の広告による3つのメリット

    風俗の広告には、以下の3つのメリットが存在します。

    1. 認知してもらう
    2. 内容を知ってもらう
    3. 安心してもらう

    認知してもらう

    メリットの1つ目は、顧客に自店のことを認知してもらえることです。広告を打ち出すことで、顧客の目に留まりやすくなり、知ってもらうことができます。顧客を集客できるかどうかは、全て知ってもらうことから始まるため、風俗店の認知は重要です。

    内容を知ってもらう

    広告を打ち出すことで、風俗店の内容(サービス)を知ってもらうこともできます。広告自体にサービスを記載するわけではありません。インターネット広告では広告がリンクとなっており、クリックされると自店のホームページなどに飛ぶようになっています。

    つまり結果的に、自店の内容まで知ってもらうことが可能です。

    安心してもらう

    顧客が安心できるというのも、風俗店が広告を出すメリットです。人は見たこともないものに対して、警戒心を抱きやすいです。しかし広告であれ、一度でも認知していれば人の警戒心は和らぐものです。

    顧客が認知し、内容を知り、安心してもらうことで集客率は向上します。

    効果的な風俗の広告はポータルサイト

    広告が重要であることは解説しましたが、一言に広告と言ってもその種類は多種多様で、どれを選べばいいのかわからないですよね。風俗店が打ち出すにあたって効果的な広告は、ポータルサイトです。風俗店は風営法によって、広告の制限がありますが、ポータルサイトであれば問題なく活用できます。

    ポータルサイトが強い理由

    風俗店の広告としてポータルサイトが強い理由は、以下の2つが大きな要因です。

    1. 男性が検索する際に高い頻度で利用する
    2. SEO対策が施されている

    ポータルサイトは、男性が風俗店を検索するときに最も開くサイトであり、SEO対策もしっかりされています。そもそもSEO対策とは、Googleで検索した際にサイトが上位に表示されるための施策のことです。実際に「地域名 風俗」で検索すると、ほぼ確実に風俗のポータルサイトが上位表示されています。つまり、それだけ顧客が見る可能性が高いということです。

    広告プランの費用

    広告プランの費用はポータルサイトによってさまざまですが、例えば有名なシティヘブンというポータルサイトでは以下の通りです。

    引用:City Heaven(シティヘブン)の料金表

    広告費用は5万円〜40万円と幅広い料金体系になっています。
    自店の予算と相談しながら決めるべきですが、少なくともポータルサイト内での表示順位が高いものを選択しましょう。表示順位が低いと、顧客に見てもらえる確率が大幅に減少するので、注意が必要です。

    広告を掲載する風俗ポータルサイトの選定基準

    風俗のポータルサイトを選ぶ基準は以下の3つです。

    1. Googleで上位表示されているか
    2. 費用対効果を得られそうか
    3. 読者にわかりやすいサイト設計になっているか

    Googleで上位表示されているか

    Googleで上位表示されているか、つまりSEO対策が施されているかは非常に重要です。ユーザーは検索された結果を全て見ることはまずありません。上位表示されている3位くらいまでがほとんどです。検討しているポータルサイトが、Googleで上位表示されていなければ、広告を打ち出しても無駄に終わってしまう可能性が高いです。

    費用対効果を得られそうか

    費用対効果については、最終的に利用してみなければ具体的な数字はわかりません。しかし利用する前に見極めるポイントが1つあります。ポータルサイト内で、1つの店舗が長期的に掲載しているかどうかです。費用対効果が低いのであれば、わざわざ広告費を使って長く掲載することはありません。最低でも広告費以上の成果が出ているからこそ、継続的に広告を載せているはずです。

    読者にわかりやすいサイト設計になっているか

    読者にわかりやすい設計になっているかどうかは、客観的にポータルサイトを閲覧してみればわかります。情報がわかりやすく掲載されており、探したい風俗店をリサーチしやすいなど、感覚的に思えば問題ありません。読者も同じように感じているからです。

    風俗の広告で使うべき集客テクニック

    風俗の広告で使うべき集客のテクニックが存在します。いくら広告を出したところで、検索した顧客がクリックしてくれなければ、あまり意味がありません。集客するにはやはり自店に興味を持ってもらう必要があります。風俗の広告で必要な具体的なテクニックは、以下の通りです。

    1. 注目されるデザイン
    2. 具体的な数値の掲載

    注目されるデザイン

    顧客に注目されるデザインは重要です。風俗広告におけるデザインといえば、やはり女の子の写真。実際に風俗広告の多くが、女の子の写真を掲載しています。しかし「どんな女の子を載せればいいの?」という疑問が出てくると思います。

    結論は、実際に今集客に成功している風俗店のホームページを見ればわかります。集客に成功しているということは、顧客のニーズに沿った広告を打ち出せている可能性が高いです。成功店をモデリングすれば、自店も成功しやすくなります。

    しかし1つ注意点があります。自店と近い属性の風俗店を参考にすることです。自店が若さを強みにしている風俗店であるのに対して、比較的高齢のスタッフが多い風俗店の広告を参考にしても、集客は成功しません。

    具体的な数値の掲載

    風俗の広告において、具体的な数値の掲載も必要です。数値を掲載すべき場所は、割引やクーポン。例えば「今なら割引適用!」という広告よりも、「3月限定で3000円割引!」の方が具体的にイメージしやすく、効果的です。

    割引やクーポンなどは、具体的に期間や料金を掲載するようにしましょう。

    風俗店が無料でできる広告以外の集客

    風俗店が無料でできる広告以外の集客方法もあります。風俗店で経営状況が厳しく「広告費をかけてられない」という経営者は、以下2つの方法を検討してみてください。

    1. SNS
    2. MEO対策

    SNS

    TwitterやInstagramなどのSNSを活用することにより、無料で集客できます。しかしSNSを活用した集客では、ポータルサイトの広告と異なり、即効性がありません。風俗店のアカウントを開設してから、日々コツコツ運用していく必要があります。日々の運用で意識すべき点は、以下の通りです。

    1. できるだけ毎日投稿する
    2. ユーザーが関心のある情報を発信する

    種類の多いSNSの中でも、風俗店に適性があるのは視覚に強いものです。つまりInstagramが該当します。風俗におけるコラムなどを発信する場合は、文字に特化したTwitterなどでも有効です。自店の強みや発信する内容に応じて、活用するツールを選択しましょう。

    きちんと運用するのであれば、1つに決めず、複数のSNSツールを利用するとさらに効果的です。なぜならSNSの数だけ、自店を知ってくれる機会が増えるからです。しかしあくまでもしっかり運用する必要があるということは、絶対に押さえておきましょう。

    MEO対策(ローカルSEO対策)

    広告以外にMEO対策も風俗の集客として効果的です。そもそもMEO対策とは、GoogleMapにおける施策のこと。SEOがGoogleでサイトを上位表示させる施策に対して、MEOはそれのマップ版です。例えば「新宿 風俗」で検索した結果が以下の通りです。

    Google地図

    MEO対策するメリットは5つあります。

    1. 顧客に認知されやすい
    2. 顧客がアクションを起こしやすい
    3. 比較検討されるお店が少ない
    4. SEOよりも上位表示されやすい
    5. 口コミや写真を見てもらえる

    MEOを成功させると、顧客に認知されやすいのは上記の画像の通り明白です。顧客が関心を持つと、風俗店のホームページなどに直接誘導することができるため、予約などのアクションを起こしやすくなります。

    「地域名 風俗」で検索した場合、MEO対策をしている競合店舗が少ないことから、比較的上位表示もされやすいのも特徴です。GoogleMap上に口コミや写真を掲載できることから、自店のサービスを見てもらうことも魅力の1つ。

    メリットが多いMEO対策は、Googleマイビジネスに登録することで簡単に始めることができます。

    ▼風俗店MEO対策サービス-風俗MEOKING-

    風俗店は広告を正しく活用して集客しよう

    風俗店は広告を正しく活用すれば、今まで以上の集客が可能になります。しかし誤った広告を打ち出してしまうと、費用対効果が得られず、広告費の無駄遣いとなってしまうので、注意が必要です。

    第一に風俗店が広告を掲載する目的を明確にしておくべきです。ターゲットにおいても新規顧客に対するアプローチなのか、リピートしてもらうための広告なのかでも、広告を打ち出す内容が異なります。

    目的を明確にし、ターゲットをきちんと選定した上で、掲載する広告はポータルサイトがオススメです。ポータルサイトは検索ユーザーが風俗店を探す際に、最も利用されるサイトだからです。SEO対策も施されており、集客率の向上が見込めます。

    広告内容は「なんとなく」では効果は低いです。顧客が注目するデザインを採用し、割引などのクーポンは数値を記載した上で、具体的に掲載しましょう。最も簡単に効果的な広告を打ち出すには、今現在成功している風俗店の広告をモデリングすることです。

    風俗店の経済状況が厳しく、広告を掲載することが金銭的に難しい場合はSNSの運用やMEO対策が有効です。SNSやMEOは無料で始めることができ、コツコツ長期的に更新していくことで、結果的に集客率が向上します。

    広告のお問い合わせをする

      必須ご担当者名

      必須電話番号

      必須メールアドレス

      必須お問い合わせ内容

      個人情報保護方針(プライバシーポリシー)はこちら