風俗嬢とLINE交換できる?その方法は?失敗談をふまえて徹底解説

風俗通う男性であれば、誰しもが可愛らしい風俗嬢と「LINE交換したい」と思ったことあるでしょう。しかしどうやってLINE交換したらいいのか、そもそも交換できるものなのかなどの不安から聞けずに終わってしまった…という経験ありませんか?

  • 風俗嬢とLINE交換したい
  • LINE交換まで行き着く方法がわからない
  • そもそもLINE交換できるの?

本記事では上記の悩みを持つ人に向けて、LINE交換する方法や気をつけるべき失敗談を解説していきます。具体的には以下の通りです。

  • 風俗嬢とLINE交換できることがわかる
  • LINE交換する方法がわかる
  • 風俗嬢とLINE交換後に気をつけるべきことがわかる
   

風俗嬢とLINE交換できる?

風俗嬢とLINE交換はできます。
理由は風俗嬢も営業しないといけないからです。

しかし営業する必要があると言っても、必ずしもLINE交換できるわけではありません。
以下のような例外も存在します。

  • お店からLINE交換を禁止されている
  • 嫌なお客様認定されている
  • 営業に積極的じゃない

もし仮にLINEを聞いて教えてくれない場合はキッパリ諦めましょう。
間違ってもストーカー行為に走ってはいけません。

風俗嬢のLINE交換は基本的に営業目的

風俗嬢とLINE交換はできますが、その目的は営業がほとんどです。
しかし交換できれば、テクニック次第で営業目的の話から盛り上がって食事に誘うことも可能。

風俗嬢の中にはプライベート携帯と仕事携帯を分けていない子も多く、プライベート携帯のLINE交換できる場合もあります。

基本的にLINE交換を出来たとしても、連絡がなかなか返ってこないことなども多く、焦らずに相手のペースで返信をしてあげるのも大事になります。

風俗嬢とのLINE交換方法

風俗嬢とLINE交換する方法といっても状況次第でやり方が変わってきます。
そこで今回は2つのケースを想定して、LINE交換の方法について解説していきます。

  1. 初対面等の関係値が無い場合
  2. 常連等の関係値が有る場合

1.初対面等の関係値が無い場合

風俗嬢と初対面や2度目の対面程度の「関係値が無い場合」でLINE交換方法で重要な点は、以下の2点です。

  • 卑屈にならないこと
  • 必要以上に下出にならないこと

つまり会話の自然な流れの中で、気さくにLINE交換したい旨を伝えることです。

例えば性的サービス後に「凄い良かった!また指名したいしLINE教えて!」
この聞き方だと相手にもメリットがある為、高確率で交換できます。

風俗嬢にとってのLINE交換の目的は営業だと述べました。
つまり上記の例で営業に繋がる重要な要素は「指名したい」という言葉です。

プライベート目的で仲良くなりたい場合

プライベートで仲良くなるには、プライベートの約束をしなければいけません。
誘い方のセリフ例は以下の通り。

  • めっちゃ実はタイプ。今度ご飯でも食べに行こうよ!
  • 今度一緒に映画でも見に行こうよ!

上記のような誘い方、LINE交換方法は交換できる可能性が低いものの、交換できればスムーズに次回食事やデートに誘え、プライベートで親密になれる可能性があります。

ただこの誘い方が成功する可能性が高いのは、男が金持ちか自分の好みの顔のイケメン、もしくはかなり付き合いの長い信頼してる常連さんとかじゃない限りかなり低いです。

2.常連等で関係値が有る場合

過去何度も指名して、関係値がある場合のLINE交換方法にも重要なポイントがあります。
風俗嬢に対して「なぜ今になって、LINEを知りたいか」この理由を明確に伝えることです。

<理由を含めたセリフ例>

  • いつも良くしてもらってるから今美味しいご飯でも食べに行こう!
  • いつもの御礼に今度何かプレゼントするし、LINE教えて!

「いつも良くしてもらってるから」「いつものお礼に」が理由に該当します。
この交換方法が一番プライベートに発展する可能性が高いと思います。

お互いよく知った間柄で、LINE交換後ご飯に誘い紳士的にエスコートする。
プライベートで一度でもHをしてしまえば、今後プライベートでご飯を誘う度にHすることが可能です。ただし、プライベートでHする間柄でも時折お店に行ってあげることも重要。

お店に行くべき理由は風俗嬢に対してお金以外のメリットを与えることができ、結果的に縛ることができるからです。
風俗嬢にとってのメリットは以下の4点。

  1. お店への罪悪感がなくなる
  2. 本当に大切してもらえてる満足感を得られる
  3. 紳士的な立ち振る舞いだと思うようになる
  4. お店への売上貢献に対する感謝の気持ちを持つ

風俗嬢とのライン交換方法については以上です。
最後に誰もがLINE交換後に起きやすい失敗談をご紹介します。
LINE交換できても、連絡してもらえなくなったら意味がありません。

風俗嬢とのLINEでの失敗談

風俗嬢とのLINEで、よく起きてしまう失敗談としては以下の通り。

  • 仕事の愚痴LINEで好感度ダウン
  • 消費したお金に対する見返りを求め、ドン引き
  • 必要以上にプライベートを詮索して、痛客認定

仕事の愚痴LINEは一度ぐらいならOKですが、何度も続くと嬢からの好感度が下がります。

「??円使ったんだから、一度外で食事しようよ!」など、消費したお金に対する見返りを求めるセリフは、一発で引かれてしまいます。

プライベートの過度な詮索もNGです。
風俗は訳ありが多い業界なので、プライベートの詮索は極力避けましょう。

まとめ:風俗嬢とのLINEは可能だが、多くの目的は営業

風俗嬢とLINE交換できますが、多くの目的は残念ながら営業です。
LINE交換後、プライベートの密な関係に発展することはごく稀。
基本的には営業連絡がほとんどになります。

しかしそれを嘆いてはいけません。
風俗嬢と簡単にプライベートで会える、楽に密な関係になれると思うことはNG。
基本的にはお店に何度も通って、徐々に仲良くなった先にプライベートな関係が少し可能性があると思った方が無難です。

LINE交換後の初期は指名の話題や予約の話を簡潔にするだけにしましょう。
何度もお店に通い信頼性作って、徐々にプライベートな話題を増やして距離を縮めていくのが良いと思います。

結論、仲良くなるまでの営業LINEは楽しむぐらいの気兼ねがある方が良いでしょう。